FC2ブログ

アルパインガイド 佐藤達也 岩登 教室 STM クライミング スクール

OfficeSTM クライミングスクール、アルパインガイド 佐藤達也のブログです。トレッキングや登山、アイスやフリー、バリエーションルートなど、アルパインクライミングの記録や岩登り教室などを紹介します。

トップイメージ~アイス、ボルダー、沢、冬山

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

祝!日本100名山達成 佐伯ミツさんおめでとう!

南アルプスの南限3000m峰に聖岳が有ります。そして光岳。今回二つの山を結ぶ縦走をして100名山達成をする山行をガイディングすることになりました。

100名山を達成するお客様は千葉県在住の佐伯ミツさんです!お年は74才の元気なおばちゃんです。山行歴は20年以上で毎月の山行は欠かしません。ある時自分の行った山を深田久弥さんの100名山に合わせたところ70~位有ったそうです。そこで毎月一つづつ山を登り今回の最後の聖岳、光岳を残すのみになったそうです!因みに先月は98座目の剱岳に行かれたそうです。

■ 佐伯さんです          ■雲の中の聖岳            ■光小屋、うしろが光岳
佐伯さんです。    聖岳    光小屋

中央道飯田ICから国道151号線で迷いながら152号に出て上村の上島トンネルをまたぐように下栗方面に入りますが、なかなか分りません。遠いし人が居ない、立派な2車線だったのが本当に同じ道?と思えるような道を延々と走り、やっとこさっとこ易老渡(いろうど)の光岳登山口!ここから3Kで便が島(たよりがしま)に有る聖光小屋(せいこうこや)に到着、ここに聖岳の登山口が有ります。

■聖光小屋              ■散策路のトンネル         ■渡渉のロープウェイ
聖光小屋    軌道後のトンネル    渡渉のロープウェイ

小屋番の青木さんは気の良いのんべのおじさんで夜は一緒に飲み、翌日は少々辛かったです!

小屋裏から写真のトンネルや手動の渡渉のロープウェイ等を通り急登に取り付きます。これがかなりの登りです。喘ぎ喘ぎ頑張り6時間弱で薊畑(あざみばた)に到着、時間は11時半ですが疲れているし聖岳は雲の中なので聖平小屋(ひじりたいらこや)へ

■聖平小屋              ■お花畑のとりかぶと       ■99座目 聖岳頂上
聖平小屋    お花畑   聖岳頂上

翌日朝朝食後、99座目の聖岳に登ります。昨日と違って良い天気です。一歩一歩確実に歩を進めます。小聖を越して本峰へ、森林限界を過ぎるとガレ場に、そして南限の3000m峰、3013mの聖岳に到着!感激の握手と写真撮影をして下山、今日の行程は長くもう一度小屋に戻りパッキングし直して南岳、上河内岳(2803m)を通り越して茶臼岳の下に有る茶臼小屋まで行かなければなりません。

■ 途中に出会った花です、あの花この花有りますが、名前は分りません!
ううううっ    あああっ    ふふふっ
 
大きな上河内岳を越しますと先に茶臼岳が見えます。素敵な稜線歩きで景色、展望は申し分有りませんが行程も長く、疲れてきてゆっくりと歩を進めます。休憩をしてはいろんなお話を佐伯さんとします。小生のお母さんの年代の方ですが元気この上ない。御話も楽しいし休憩も長く取らずに歩き始めます。「もうちょっと休みましょう」と小生が言えば「ちょくちょく休みを取って」と歩き始めてしまいます。

■茶臼小屋              ■小屋の中です。           ■小屋番のよしずみさん
茶臼小屋    小屋の中    よしずみさんでーす。元気でしたよ

茶臼小屋は感激です。まず東京都山岳連盟の雪山教室に2、3年前に来ていたよしずみさんが小屋番をしていて久しぶりの対面でした。元気に小屋番をしていました。今年で4年目と言う事です、嬉しかったなぁ。それとこの小屋の食事は凄い。稜線の小屋でお刺身が出ますし、おかずが食べきれない位ありますし、朝食のおかずも他の小屋の倍の種類が有り、支配人の高橋さんに「凄い」と言うと、「うちはお昼の御弁当も凄いよ」と言っておられました。皆さんぜひ頼んで下さいね。ちなみにお稲荷さんだそうです!

翌日の行程はゆっくり5、6時間なので(これで短いのです)小屋からは最後の出発となったのですが、送り出しに皆さん手を振って下さり、スピーカーからは「アザミの歌」が流れて送ってくれるので、またまた感激です。この小屋はつくづく凄いと感じました。

目の前の茶臼岳を登り一度森林限界まで下ると仁田岳(にったたけ)、易老岳(いろおたけ)。樹林帯の中で展望は利かないですがお花やきのこが沢山有り結構楽しめました。易老岳からは翌日の下山路が有るので三叉を確認。その後、少々の下りから三吉平、ガレ場の登りを過ぎるとイザルガ岳と言う変った名前の山との分岐があり、ここは綺麗なお花畑。その向こうに最後の100座目の光岳が見えます。水場も静かに流れ冷たい水を水筒に入れ、光小屋に到着します。

■光小屋から15分の100座目の光岳頂上に立つ!
光小屋    光岳頂上    小生と佐伯さん

小屋に荷物を置き、ビールを1本ポケットに忍ばせ、光岳に向かいます。展望はまるっきり利かないですが、そこに佐伯さん100座目の光岳頂上が待っています。そして日本100名山登頂達成の瞬間です。他の登山者がいらしゃいましたが、小生が「佐伯さん100名山おめでとう」と言うと拍手が湧き挙がり皆さんに祝福を沢山戴きました。
佐伯さん日本100名山、登頂おめでとうございます。

ビールで乾杯して祝います。座って感激を分かち合います。小生も無事ここまで来れたと安堵感に浸りますが、明日の下山を考えてしまいます。

光小屋はユニークな小屋で3時前に小屋に到着、50歳以上で3人以下ではないと食事が付きません。小生のパーティーはその条件をクリアしていますので2食戴きましたが、この日50名位の宿泊客の中で食事付きは小生と佐伯さんだけでした。

翌日は易老岳まで戻り、易老渡に下りますが急な尾根の下りは疲れます。下降3時間30分で易老渡に到着。最後の橋を渡り佐伯さんと抱擁を交わし、長い4泊5日の山行に終止符を打ちました。とても喜んで頂いたと自負しておりますが、佐伯さんいかがでしたか?

写真は80枚ほど有ります。後日アルバムにしてお送りいたします。楽しみにしてくださいね!

8月の29~31日に穂高にも行ってましたが天気が悪く写真等は撮れませんでした。涸沢に行きパノラマ新道を通って横尾に下山、パノラマ新道のパノラマはまるっきり有りませんでした。 報告のみ!

今週末の連休は飯豊連峰の縦走に行って来ます。最近は縦走が多いですね。登攀もしたいと思っていますが、週末天気を祈り飯豊に行って来ます。

では ひひひっ さようなら!

  1. 2008/09/09(火) 07:32:17|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<BGC 飯豊山行 | ホーム | 越沢バットレス>>

コメント

佐藤さん、こんばんわ。
山から下りて参りました、吉住です。

営業中は、茶臼小屋ご利用頂きありがとうございます。
お土産に頂いたカリントウ、とてもおいしかったです。
ブログ拝見させて頂きましたが、小屋の事、とってもよく書いて頂いて嬉しかったです。ありがとうございました。

さて、やっと小屋から解放されたので(茶臼は好きですよ。)私は明日から山歩きしてきま~す。

また下山報告などさせて頂きますね。
まずはお礼まで。 吉住

  1. 2008/09/28(日) 21:59:52 |
  2. URL |
  3. 吉住さん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guidesato.blog103.fc2.com/tb.php/97-3071e126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アルパインガイド佐藤達也

Author:アルパインガイド佐藤達也
アルパインガイドの佐藤達也です。OfficeSTMクライミングスクール、岩登り教室を開いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。