FC2ブログ

アルパインガイド 佐藤達也 岩登 教室 STM クライミング スクール

OfficeSTM クライミングスクール、アルパインガイド 佐藤達也のブログです。トレッキングや登山、アイスやフリー、バリエーションルートなど、アルパインクライミングの記録や岩登り教室などを紹介します。

トップイメージ~アイス、ボルダー、沢、冬山

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

STMクライミングスクール妙義星穴岳&霧積アイスクライミング

うううっ悲しい…昨夜深夜2時15分に今回のブログ更新をいたしました、が又どっか100万光年の彼方に飛び去ってしまい、消えて無くなりました、なぜ深夜かと言うと、日曜8時就寝1時15分に目が覚めてしまい、よしとばかりに更新をしたのです、…消えた…この真実に夜半途方にくれ再度眠りに付く事が出来ませんでした。  気分を変えでは行きますよ!

23.24日STMクライミングスクール妙義星穴岳&霧積アイスクライミングを行ないました。
この時期関越高速は朝から大渋滞で参ります。ここ数日暖かい日が続き、家族を連れて梅見やおにいちゃん、おねえちゃん達のスキーやスノボー車に紛れ妙義山にやってきました。

今回のメンバーはタナベさん、オギノさん、オザワさんと小生の4名です。

中の岳神社下の駐車場に10時に着き、とっとと登攀用意をして金の大黒様にご挨拶して長い階段を登り始めます。暖かく気持ち良く歩いていきますが、天候の崩れを予想させる雲が広がっていきます。西岳分岐

縦走路から分かれて西岳と東岳のコルに出ます、これより本番ですが、雪が北斜面にタップリと残っていて足首位まで潜り冷たい!朝出発の時スパッツは?の問い掛けに「いらない」と言った小生の見識を疑われますので黙っていましたが、懸垂下降をしても雪の中、どうなるのか先行きちょいと不安になりますが、ガイドが不安な事言ってはなりません。もちろん黙ってました。西岳からアイゼンを装着し下降登高を繰り返しますが、このアイゼンが良い仕事をいたしますねぇ、妙義山は土の急勾配が多く、今回みたいな雪や凍っている土にはグサリとアイゼンが刺さり不安が有りません、頂上からの下降の辺りから風がビュンビュン吹き始め細尾根上では、飛ばされそうになります。やがて雪もチラツキ始めたと思ったらタップリと降り始めて「ううう、くくくっ」明日の希望と今晩のビールが遠のいて行きます。メンバーの力量も自信もタップリという事でガシガシと登攀を続けますが、アイゼンでの岩登りやトラバースの練習をしないと苦しいという事に皆さん気が付き、実地で次回のトレーニングをやってくれと言われましたが順序が逆?幾度と無く岩のトラバース、急傾斜の雪の下降を繰り返し、「やや、ここ降りるの?」「そう降りる、先頭だれ?確保すっから大丈夫!」と叱咤激励の中ペツルのボルトが打って有る細尾根上に出ました。ここを降りると違う穴だと自慢気に皆さんに教えました、子細は前記の星穴岳の項を御覧下さいね。もう一度悪い下降を行ない、星穴新道に出ました、遠くに今日泊まる裏妙義国民宿舎は見えませんでしたが、かなり苦労するルートだそうです。
木に残置スリングが有るコルに出ました、去年小生が残置したビナも健在です、ロープを掛けて懸垂下降をします。
■タナベさん下降中
タナベさん

■続いてオザワさん下降… オギノさん写真ピンボケで分らずごめんなさい
オザワさん

■星穴の真ん中に降りたオギノさん
オギノさん


懸垂下降の途中で右後方を見ると大きな穴!が有ります、釜飯で有名な横川辺りから見ると空が抜けて穴が二つ見えます、ぜひ御覧下さい、そして小生に連絡を戴き登りましょう!

降りた途端に雪とあられが猛烈に降り始め見る見る間に白くなっていきます、後は読図を行ない下降ルートをどのように行くかだけです。でも白くなるのと同時に踏み後も消えてなくなり始め、又ビールが遠くに行ってしまいそうです。くじけてはいけません、雪と土にまみれどろどろの手で地図を持ちコンパスを当て帰還方面を睨み付け、木につまずきコケながら下り初めては読図と3人の意見と目は鋭くなってきました。下降路はどの様にかは書けません、ケチっているのではなくどの様に書いたらいいのか分からないからですが、ようやく雪で白くなった登山道に出る事ができました。
■展望台でのメンバー
白くなった展望台


■展望台より石門
第四石門を望む


タナベさん、オギノさん、オザワさんお疲れ様でした、妙義は楽しかったですか?又楽しい山行を計画いたしますので!


ウウっ今回2回書いたスクールの記事、どうも旨く無い、深夜に書いて消えたブログ文と比べて、何か調子が出ません、翌日の霧積のアイスクライミングは後ほど!
  1. 2008/02/25(月) 16:04:55|
  2. STMクライミングスクール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<STMクライミングスクール妙義星穴岳&霧積アイスクライミングその② | ホーム | 目の検査 レーシック>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guidesato.blog103.fc2.com/tb.php/58-adb214fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アルパインガイド佐藤達也

Author:アルパインガイド佐藤達也
アルパインガイドの佐藤達也です。OfficeSTMクライミングスクール、岩登り教室を開いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。