FC2ブログ

アルパインガイド 佐藤達也 岩登 教室 STM クライミング スクール

OfficeSTM クライミングスクール、アルパインガイド 佐藤達也のブログです。トレッキングや登山、アイスやフリー、バリエーションルートなど、アルパインクライミングの記録や岩登り教室などを紹介します。

トップイメージ~アイス、ボルダー、沢、冬山

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

飯豊連峰

10月6~8日で飯豊連峰に行って参りました。金曜夜、新宿からバスに乗ってですが、毎度の事、早めに新宿に行き、何時もの大鳥で一杯!バスに乗り込み「関越で行くんだ…」と思っている内に熟睡、途中体が痛いと向きを変えたり、トイレ休憩をしたりしている内に、バスが完全停車、
何やら胎内ヒュッテと書いてある建物に着きました。バスを乗り換え朳差岳(えぶりさしたけと読みます)登山道を登って行きますが結構な急登で皆さん頑張って居られました。おおよそ6時間で避難小屋に到着えぶりさし避難小屋
今日の行程は此処まで、
飯豊は結構人気が高いみたいで私達が到着した時は避難小屋まだ余裕が有りましたが、夕方には満室状態でした。ちなみに私はテントを持参いたしました。飯豊何処かの山

■ななかまど…だと思います。
むむ!ななかまど?

■綺麗なお花です。
むむ、花名…

夜は眼下の新潟市の明かりが綺麗でした。今の時期は寒いと言えば寒いですが、まだ夏用のシェラフで大丈夫です。

翌日の日曜は飯豊の稜線上の散歩です。鉾立峰、大石山、頼母木山、地神北峰から
梶川尾根を下降しましたが、しびれましたね、急坂で足がヒーヒー言ってました。現在地不明

時間にして6時間近くの下降で、いい加減疲れた頃飯豊山荘の赤い屋根が見えて着ました。これも何処かは不明
まるっきりわかりません。


と言うわけで、夜バスで行ったのは、夜新宿で飲んでいて拉致されバスで何処かに連れて行かれ、此処の山登れと言われた感じでした。

そんな訳で今日は此処まで!

追伸 週末の小川山スクール募集中です。
  1. 2007/10/10(水) 18:35:55|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人工登攀&セルフレスキュー募集のお知らせ | ホーム | 復活しましたハーレーダビットソン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guidesato.blog103.fc2.com/tb.php/34-34309211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アルパインガイド佐藤達也

Author:アルパインガイド佐藤達也
アルパインガイドの佐藤達也です。OfficeSTMクライミングスクール、岩登り教室を開いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。