FC2ブログ

アルパインガイド 佐藤達也 岩登 教室 STM クライミング スクール

OfficeSTM クライミングスクール、アルパインガイド 佐藤達也のブログです。トレッキングや登山、アイスやフリー、バリエーションルートなど、アルパインクライミングの記録や岩登り教室などを紹介します。

トップイメージ~アイス、ボルダー、沢、冬山

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

剣岳源次郎尾根

まだまだ御暑うございますが、いかが御過ごしですか?
私は連休が続き、暑い低山より秋の気配たたずむ高山に逃げています。

14日の晩から剣岳に行って参りました。うだる東京を抜けて室堂まで観光バスで夜通し走り(私が運転しているわけは無くビール、お酒を飲んで搭乗してます)寝たような寝てない気分で着いた室堂は涼しく、薄いセーターを着込むほどでした。

室堂から別山乗越し剣山荘とルートを取り、小屋の前にて少々の確認の基礎訓練
突然の雨でお仕舞い

■トレーニング後は現着祝い?
持参の酒は飲んじまった。

皆嬉しそうにビール&酒

■真ん中は、お酒の飲めない浦山ガイド

■新しくなった剣山荘
剣山荘

場所は以前と同じ場所です。

翌朝は4時40分出、剣沢をどんどん下降して平蔵谷を源次郎尾根に廻りこんだ所が取り付きですが7人位のパーティがロープを出している、様子をしばらく見てましたが、脇をロープ無しで抜いて行く事を相手に伝え
すみやかな実行で灌木帯の木潜り、木の乗越し、やぶ漕ぎの技?で100M程高度をかせぎ、尾根ルート、ルンゼルートの分岐に出る、結局トップで来ているのでルンゼに入り登高するが上部はかなり脆く、落石は避けられない、実際にパーティの仲間同士の落石で傷ついた。

ここからが源次郎尾根の気持ちの良い所で切れ落ちたカンテの登高、簡単な岩場、右に八つ峰、遠くに鹿島槍と五竜、左には前剣、剣沢小屋等が一望の下で楽しめる。

■すいませんが源次郎の写真は無いのです。撮ってない。
やがて台地状になっている1峰、ここら辺から本峰が見え、登山者の姿も
視認できます。

右が八つ峰、真ん中のコブが二つが源次郎尾根

1峰からわずかに下降して2峰、本峰側に下降支点が作られている。
30M強の懸垂を2人同時下降で時間をかせぐ、最後に私がロープを連結し
下降、後は,がれた岩場を頂上に向かって登るだけです。10時45分2998Mの剣岳に到着しました。5時間で源次郎尾根の登高はものすごく早い!
メンバー
  キタさん、コジマさん、セトさん、ナカムラさん、タカハシさん
廣川健太郎さん親子 お疲れ様でした。

■写真館(余りの写真ですが、ほんとに私の写真はろくなの無いなぁ)
剣岳

剣沢周辺

■写真をクリックすると拡大されます

今日もこのくらいで勘弁!
  1. 2007/09/20(木) 17:22:55|
  2. 山行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<穂高 | ホーム | 谷川岳マチガ沢東南稜、本谷遡行>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://guidesato.blog103.fc2.com/tb.php/31-e6155806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アルパインガイド佐藤達也

Author:アルパインガイド佐藤達也
アルパインガイドの佐藤達也です。OfficeSTMクライミングスクール、岩登り教室を開いています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。